家族で国内旅行を楽しむ

今年の国内旅行で、一番長い旅になった北海道旅行の思い出話。

私は今年、よく国内旅行をしました。北海道、群馬県、鳥取県、鎌倉などです。今回はとても長い旅行になった北海道旅行について書きたいと思います。北海道旅行は、3週間も旅しました。無料のキャンプ場やライダーハウスに泊まり、各地を歩きました。

完全に歩きとおしたのは函館から黒松内町まででした。その間の国道を歩いた記憶は忘れたくないし、忘れられないと思います。よく地元の人から声をかけられました。大きなリュックサックを背負って旅している人は珍しいらしく、面白がられました。皆さんとても優しかったです。差し入れをたくさんもらいました。地元のキャンディーやパンなど、食べてみると、とても美味しかったです。中には、一緒に写真を撮らせてくれと言ってくる人もいました。そういった人達との交流は、とても楽しい思い出になりました。

国道は海岸沿いの道だったので、波が激しく打ち寄せていました。普段海を見る機会がないので新鮮でした。北海道の海は特に荒々しく感じられました。また、国道沿いにはコンビニが少なく、喉が渇いて大変だったことも強い思い出として残っています。たまにコンビニが見つかると、ペットボトルをまとめ買いして歩きました。飲料水は重いので、それを持ち運ぶのがとても大変でした。旅の後半からはヒッチハイクをしたり、電車を利用したので、余計に歩いた時の飲料水の重さが強い記憶として残っています。

Copyright 2019 家族で国内旅行を楽しむ All Rights Reserved.